ブログ

カサハラ式バランス健康法の講座を開催しました・

10月21日(日)に津中日文化センターでカサハラ式足裏バランス健康法の講座を開催しました。

全3回コースの第1回目「外反内反、浮指、アーチ不足を整えて、膝痛、腰痛、肩こりを自分で改善!」 まず座学編でスライドを使って足と健康についての関係を詳しく説明させていただいて、外反内反、浮指、アーチ不足が身体の及ぼす影響を学んでいただきました。今回、参加された受講者の方々も足の悩みや身体の不調等もあり、皆様、熱心に傾聴していただきました。その後、実技編では足裏バランステーピングをする事でしっかりと踏ん張れる足の体感をしていただき、足指の運動可動域を広げて踏ん張る力をつける「グーパーリハビリ運動」と足裏の筋肉を鍛え、膝を上げて歩くための「足踏み運動」を受講者の方々に実技練習して覚えていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当院の患者様の石川 大夢君、高校総体柔道90キロ級で5位に入賞!おめでとうございます!

肩の痛み、可動域が改善!

 柔道の試合で右肩を痛めて来院

初回治療前 初回治療後
右肩を動かすと痛みがあり、あがらない状態 痛みはあるが、治療前よりも上がるようになる
2回目治療 3日後 3回目 1週間後
初回時治療よりもさらに改善 痛みも全く無くなり可動域も改善

 

高校生3年生 石川君 柔道部

『試合で肩を亜脱臼して痛みで上がらない状態でしたが短期間でほぼなおりましたよくしていただきありがとうございました。』★石川君は7月26日(木)~8月20日(木)に三重県で開催される2018年高校総体(インターハイ)柔道90キロ級に三重県代表で出場します。  優勝目指して頑張ってください!応援してます!

足裏の異常がある子供が増えています

足裏の異常とは大きくわけて

1.親指が小指側に曲がる外反母趾

2.歩行時に足指が踏ん張れずに浮いてしまう浮き指

3ア-チ(土踏まず)がなくなった扁平足をいいます。

 

最近、多くのマスメディアでも小、中、高校生の約60パーセントに外反母趾、浮き指、ア-チ不足があると言われてます。

新聞にも、中学生の女子の7パーセントが30度以上のひどい外反母趾があると報道されてます

 

ではなぜ、外反母趾や浮指の子供が増えているのか?

 

外反母趾や浮き指になるのはハイヒールやパンプス等、先が細い靴が原因と言われたりしますが、第一の原因ではありません。なぜなら、ハイヒールやパンプスを履かない子供にも、外反母趾や浮き指が多く見られるためです。

外反母趾や浮き指になる本当の原因は三つあります。

  • 一つ目の理由は現代人は赤ちゃんの頃から足に靴下を履かせ、歩き始めても、裸足で歩くことが少なく、足を刺激するようなデコボコ道を歩く事がありません。そのため、足指を使って踏ん張る足底反射がおこらないので足裏の筋群が発達不足となり、足指が曲がってきたり、指先が浮いていてきたりします。これが外反拇指や浮指になる一番目の理由です
  • 二つ目の理由は成長期に大きめのサイズの合わない靴や脱げやすい履きものを履いた時に、脱げないように無意識に指を上にあげたり、指先を縮こませたりして靴先の上部に引っ掛けてロックさせて歩く歩行が2番目の原因です。
  • ヒールやパンプスが原因になるのは3番目です。小学生にも外反母趾や浮指が激増しているので、 ヒールやパンプス等の先が細い靴が一番目の理由ではないのです。

 

子供の足裏の異常をおこさない予防策として (more…)

足と健康についての講座を開催させていただきました。

3月21日(祝日)に津中日文化センターで外反内反・浮指を整えるカサハラ式の体験講座を開催させていただきました。健康維持のために、なんとなく「足」が重要という事に、気づき始めている人が多くはなってきていますが、今、外反拇趾、浮指、アーチ不足など足裏が激増しています。それに伴って原因のはっきりしない、首、腰、膝の痛みが多くみられます。講座では「足に関心がないのは健康に関心がないのと同じ」「いつも健康な人といつも調子の悪い人との差は足だった」というこの意味がわかるように話しをさせていただき、自分で改善・予防する方法を学んでいただきました

 

 

次回は4月から全3回の講座を開講します。

講座名 「外反内反・浮指を自分で整えるカサハラ式」

開講日  4月18日(水 )。5月16日(水)、6月20日(水)

時間   15時~17時

料金   13,500円+税(3回)

お申し込み・お問い合わせは津中日文化センターまで

電話059-225-8411